遺産の一部を取り戻すことができる可能性があります。

遺産の一部を取り戻すことができる可能性があります。

遺留分とは…?

遺言でも奪うことのできない相続分を「遺留分」といいます。遺留分の請求をする場合には、まず、法律的に相続人であることが前提です。
その上で、遺留分の権利がある人として法律で定められていることが必要です。

亡くなった方の配偶者と子どもは必ず相続人になれます。(配偶子者=妻または夫)
配偶者と子どもは、必ず相続人になれるのに対して、親、兄弟姉妹の場合、先の順位の人が生存していると後の順位の人は相続人になれません。
遺留分の権利がある相続人は、配偶者、子ども、親だけです。兄弟姉妹は、遺留分の権利がありません。

遺留分は、黙っていてもらえる権利ではありません。
私には遺留分があるので、遺産をもらいすぎの人から遺留分を返してもらう意思がありますという「遺留分減殺請求」をする必要があります。

遺留分Q&A